ヘッドマウントディスプレイ おすすめ

TAKがおすすめするヘッドマウントディスプレイ&VRゴーグル

管理人TAKがオススメするヘッドマウントディスプレイ&VRゴーグルを早速紹介したいと思います。

 

PSVR 39800円
解像度の粗さはほかの方が言うようにそれほどきれいではありません。黒色ならわからないですが、明るい色は解像度の問題でざらつきがあります。そして、眼鏡について気にしてる方が多くて、当日眼鏡に切り替えて体験したのですが見る分には問題ありません。そしてわたしは視力が悪くて、レンズあついのですがこんなにピントあうのかといった印象。ですが、映像を見てる最中あたまうごかすと中のメガネだけずれてきて途中ピンボケになりました。しっかりずれないメガネがいいかもしれません。そして、プレイルームVRを体験してみて、頭振ってよけたりしますが、そばから見ればとても間抜けに思えてきたりします。私が体験するならTHEDEEPがおすすめです。

 

SOMONIC 3DVRゴーグル 2580円
複数あるVRゴーグルの中からSOMONICの3DVRゴーグルを選んだ理由は「イヤホンとリモコンがついていた」からです。他に色々とVRゴーグルを見ていたのですが、イヤホンがなかったり、リモコンがなかったり、両方がなかったりしていたので、イヤホンとリモコンが両方ついているSOMONICの3DVRゴーグルにしました。

 

使用してみての感想は「調整も簡単にできて、始めての人や機械が苦手な人にはおすすめ」です。瞳孔距離と視点距離の2つを調整することができ、近眼の人でもストレスなく視聴することができます。しかも、ブルーライトをカットしてくれる機能や電磁放射線防護機能がついており、長時間視聴することにより起こる、眼球疲労や眩しさを防止してくれます。

 

 

環境別に見るそれぞれのVR視聴環境

VR動画を見るためにはそれを扱えるデバイスとVRゴーグルが必要になります。現在は大きく3つの方法でVR動画を見ることができるので、それぞれについてご紹介したいと思います。

 

1.スマートフォン&VRゴーグル
この方法の1番のメリットはやはりVRを見るために必要な費用の安さです。スマートフォンは多くの人がすでに持っていると思うので、それを利用してゴーグル部分だけを購入することで非常に安価でVR動画を見ることができます。
ただスマートフォンならではのデメリットとして、ディスプレイはスマートフォンを利用しての視聴になるので平面になるので視聴の際の視野角が狭くなりがちです。また、Wi-fi環境下なら問題ありませんが、VR動画は通常の動画よりも情報量が非常に多くなるのでデータ通信量に制限のあるプランで使っているとすぐに限界に達してしまうことにも注意が必要です。

 

この組み合わせでVR動画を見る際には、AndroidならGooglePlayストア、iPhoneならAppStoreからVRに対応したアプリをダウンロードして利用するかたちになります。

 

2.パソコン&ヘッドマウントディスプレイ
パソコンで見る場合はスマートフォンと違ってディスプレイの付いたVRゴーグルを購入する必要があります。VRゴーグルで検索して表示される数千円のものはスマートフォンを装着して見るタイプなので間違えて購入しないようにしましょう。またトラッキングセンサーがついていないただのモニタータイプですと、頭を動かして視界を変えたりすることができないので注意が必要です。価格でいうとだいたい1万〜5万円ほどだと思えばいいと思います。

 

VR動画を視聴するにはVRに対応したプレーヤーをダウンロードする必要があります。それぞれ見られるものが限られているので動画によって使い分ける必要があります。

 

3.PlayStation4&PlayStationVR
一番安定してVR体験ができるのがPS4とPSVRです。SONY製品なのでPSVRのクオリティもPS4との相性もばっちりです。付属のプロセッサユニットにテレビとPS4を接続してそこから本体に有線で接続するかたちになっています。設定や接続も簡単でわかりやすくなっています。

 

VRゴーグルだけで3万円ほど(モデルによって異なります)するのでとても高額なことと、自宅でしかプレイできない事、またPS4ソフトでVR対応しているゲームが少ないことなどがデメリットになってきます。

 

 

以上、環境別に見るVR視聴環境でした。今までは多くの方がスマートフォンと安価なVRゴーグルで利用する人が多かったですが、2017年10月にPSVRもリニューアルされて各所に改良を施した上にそれまで5万円近くしていた価格が一気に2万円台で購入できるようになったこともあって、VR動画を楽しめる選択肢が更に増えたように思います。